第261回最強セミナー|染宮教育総研株式会社

第261回『最強セミナー』は・・・
最強セミナー261

「売る前から買いたくなるセールススキル」そのキモは「共感力」!


お客様の話を聞くとき、あなたは“何”に注目していますか?
家族構成?会社の規模?相続対策?自社株価格?それとも……


もちろん、『情報』も生保営業には欠かせません。
『情報』なしにはプランも作れませんし、提案もできないのは事実。


しかし、情報よりももっと大切なことがあります。
それはお客様の“価値観”に触れ、共感すること!


人間は感情の生き物、決断は理性ではなく感情で行うといわれています。

『情報』を集め、最適な提案をしても、
お客様の『感情』が伴わなければ結果が出ないのです。


逆に、『感情』が動いていれば、『情報』は後からでも集められます。
感情が動いたお客様は、情報を惜しみなく提供してくださるからです。
では、感情を動かすために大切なのは何でしょうか?


それは“価値観”。
価値観への共感が、感情のカギを握っています。

お客様がどのように物事を感じ、判断しているのかを知り、共感すること。

これが『セールススキルとして』重要なのです。


価値観を知り、共感し、お客様の感情を刺激する……
その一連の仕組み、ポイントを『EQセールス』として磨きあげた方がいます。

株式会社リライアブル・コンサルティングの竹下健治さんです。


第261回最強セミナーでは、外部講師として竹下健治さんをお招きし、
EQセールスの真髄と具体的な実践方法を語っていただきます。
あなたの営業活動に新しいエンジンが加わるセミナー、ぜひご参加ください!

最強セミナー261

■□このセミナーの内容の一部を紹介すると……□■

   ● お客様は『3つの視点』で営業マンを見ている
   ● この世に『売れるトーク』は存在しない!?その理由は…
   ● 目指すべきは『話し上手』でも『聞き上手』でもなく『●●●上手』!
   ●『第3の“きく”力』を使いこなす質問術とは

etc…

 

【講師紹介】竹下健治氏

 

1968年長崎生まれ。国立大分大学を卒業後、大手信託銀行に入社。退職後、ラーメン店・ガソリンスタンド、本屋など
数々の仕事を経験しながらマーケティ ングや顧客心理のノウハウを学ぶ。

27歳の時カーリース会社に再就職、トップセールスとなる。2000年その実績から外資系保険会社からヘッドハンティン グされ転職。
コネや人脈が全くない土地で、全国ランキング6位入賞、海外表彰受賞回数10回や160週連続契約など輝かしい記録を残し2012年独立。

 

現在は保険代理店として自ら営業の第一線に立ち契約を獲り続けるとともに営業コンサルタントとして全国を駆け回る。
コンサルタントとしての講演回数は既に500回以上。 保険業界だけではなく異業種(美容院チェーン、介護業者、ホームページ作成会社、住宅販売社など多数)からのコンサルティングの依頼も殺到している。

また OBS大分放送のラジオ番組で「竹下健治の絶対損するものか」という人気コーナーのパーソナリティを2007年からつとめている。

 

formCD