第248回最強セミナー|染宮教育総研株式会社

第248回『生保営業最強セミナー』は……

最強セミナー248

インフレの足音が聞こえる今日このごろ。『金庫株対策』は万全ですか?


アベノミクスが話題になっています。
中小企業はまだまだ景気回復が感じられないと思いますが、
株式市場は異常と言われるほどの勢いで上昇しています。

また、不動産も『億ション』が飛ぶように売れています。
先日乗ったタクシーの運転手さんも景気回復の手応えを感じていました。


「昨年までとは確かに違う」とあなたも感じているのではないでしょうか?


しかし……景気回復の兆しをただ喜んでばかりもいられません。


こうなると、経営者の心配のタネになるのが
『自社株式』の評価の上昇です。

いずれ、上場株式の上昇と土地の時価の上昇の影響で、
中小企業の自社株式の評価額も上がってくることになります。

事業承継対策を考える経営者にとって、
自己株式の買取(金庫株)対策は頭を悩ませるところ。


自社株式の評価額が上昇すればするほど、経営者の悩みは深くなるのです。


そこで、今回は将来の株式・土地の上昇(インフレ)に備えて
『金庫株対策』についてお話したいと思います。

最強セミナー248

 ■□このセミナーの内容は……□■

 ●「自社株」と「自己株式」と「金庫株」の違い、わかりますか?

 ● 自社株は『高い』『物納できない』『売れない』三重苦

 ● 金庫株を買うには『剰余金』が必要って、どういうこと?

 ●「事業承継対策」とは「自社株対策」のこと!etc…

CD購入