第246回最強セミナー|染宮教育総研株式会社

第246回『生保営業最強セミナー』は……

最強セミナー246

2011年3月11日、午後2時47分『東日本大震災』発生
……あの日から2年が経とうとしています。

ニュースで流れる津波の映像、避難所の様子
その全てがまだまだ記憶に新しいのではないでしょうか?

今もなお、仮設住宅での生活を余儀なくされている方も大勢いらっしゃいます。

東日本大震災は、今、私たちが住んでいるこの国で起こりました。
今もあちこちで地震が続いています。

日本全国、どこにいても対岸の火事ではないのです。

そして、東日本大震災は『生命保険の役割』を改めて私達に教えてくれました。

『命は助かったけれど、家が流された』『工場が被災してしまった』といった
のっぴきならない状況の中、

生命保険が救世主となったケースがたくさんあります。

誰も助けてくれない、国も助けてくれない、
そんなときこそ生命保険が本領を発揮する時です。

でも、そういった“生の情報”はなかなか耳に入ってきません。

そこで、今回は【外部講師セミナー】として
ご自身も茨城県で被災され大変な中、生命保険を活用して危機を乗り超え

MDRT達成額の10倍という個人の最高記録を打ち立てた
トップセールスマンの『小林廣久さん』をお招きし、

『震災のピンチで気づいた、生命保険の新たな活用法』をお話ししていただきます!

まさに『今、ここでしか聞けない』お話です。是非ご参加ください!

 

■□このセミナーの内容の一部を紹介すると……□■

 

   ● 生保解約金がなかったら、我が家は破産していた
   ● 震災の翌日、母の相続対策を終了させた方法
   ● 生保の契約者変更の実例
   ● 生保の変換権活用の実例
   ● 震災復興で役に立った、孫子の兵法 etc…

 

   ※今回は【外部講師セミナー】となります。染宮の講演はありません。

 

 

【講師紹介】

 

  株式会社KJパートナーズ  

  小林 廣久(こばやし ひろひさ)

 

1958年生まれ 茨城県日立市出身。1990年損保代理店として独立。

その後、1993年生保代理店として登録を行う。いち早くFPを活用した保険販売を開始。

中小法人約380社の保険担当となる。
現在、損害保険2社 生命保険13社を扱う 

株式会社 KJパートナーズ 代表取締役を務める。
MDRT成績資格終身会員(MDRT17回 うちTOT3回 COT10回)

ユニークなセ−ルス・アイデアの達人であり、

1995年〜現在まで JAIFA茨城県協会会員、

1995年〜現在まで あしなが育英会 スペシャルオリンピック ボランティア会員、

2006年 MDRT本部Membership Communications Committee 

2007年 MDRT日本会 会計長 

2008年 知的障害者の映画「インクル−ジョン 〜愛する人と」 資金協賛スポンサ− 

2009年〜現在 MDRT代理店分会 会長 

2009年6月、MDRTインディアナポリス世界大会 分科会の講師 

2010年6月、MDRTバンク−バ世界大会 分科会の講師 などを務める。 

   最強セミナー246

                
CD購入