第243回最強セミナー|染宮教育総研株式会社

第243回『最強セミナー』は…

最強セミナー243

   今回のドクターマーケットセミナーは『ドクターの相続対策』!


ドクターというと『安定している』『資産家』というイメージがあります。
しかも、街を歩いていると「医院」「診療所」という看板が目につきますよね。
そう、ドクターは一番身近な資産家なのです。


多くの営業マンがドクターマーケットに興味を持つのも、
ドクターは資産家だと考えているからではないでしょうか?

では

● ドクターが何を悩んでいるか?
● 個人診療所と医療法人ではどこが違うのか?
● ドクターの相続対策はどうなっているのか?
● 後継者問題はどうしているのか?

あなたはこれらのことをご存知でしょうか?

ドクターマーケットに本格参入しようと考えた場合、
勉強することはそれこそ山のようにあります。

とはいえ、いっぺんに全部勉強することはできませんし
勉強ばかりに時間を取られてしまうと、何時まで経ってもドクターのもとに行けません。


それなら……
スグに効果が出る、スグお話できる内容にポイントを絞って勉強したら?


そこで、今回はみなさんが、日頃勉強している『相続対策』、
つまり『ドクターの相続対策』についてお話ししたいと思います。


といっても、ドクター専用の相続税法があるわけではありません。


「会社の社長」さんも「ドクター」も同じ相続税法が適用されます。
でも、全てが同じ訳ではありません。
ドクターはドクター独特の問題もあるのです。

ドクターならではの『コツ』を掴んで、ドクターマーケット攻略につなげませんか?


どうして『最強セミナー』での開催なの?

昨年12月、『医療法人』をテーマにセミナーを開催し、大好評をいただきました。
今回は法人個人の区別なく、『ドクターの相続対策』にポイントを絞ってお送りします。

なぜ今回、単発のセミナーにせず『最強セミナーspecial』の形で行うのか?


それは
一人でも多くの営業マンに
『税務型』販売話法を使いこなしてほしいからです。


セミナーでアンケートを取るたび
「先生、ドクターマーケットのセミナーを開催してください!」
「ドクターマーケットの話が聞きたいです!」
という声をいただいていました。


また、セミナーを開催するたび
「遠方で会場まで行けないので、CDを作っていただけませんか?」
「どうしても外せない用事があって……参加できなくて悔しいです」
という声をいただいていました。


そんな皆さんの声を聞き

「『最強セミナー』で扱えば
 最も多くの方に、それぞれが聞きやすい形で
 ドクターマーケットの販売話法をお届けできるのでは?」
と考えたのです。


もちろん、今現在『最強倶楽部』の会員でない方も、セミナー参加・CD購入ができます。
一人でも多くの方のご参加をお待ちしていま〜す!


最強セミナー243

 

 

CD購入