第240回最強セミナー|染宮教育総研株式会社

第240回『生保営業最強セミナー』は……

最強セミナー240

『保険税務のすべて』編集長が語る、保険税務の最新動向とは?
 
 
今回は『外部講師』として、新日本保険新聞社の
取締役の榊原正則さんをお招きしました。

榊原さんは生保営業マンならおなじみの
『保険税務のすべて』の編集長として、
保険税務の最新情報に常に接し、深めてきた方です。

そんな『保険税務情報のプロフェッショナル』が語る、
最新の保険税務情勢
とは?

榊原さんは、このようにお話しています。

「最高裁判決、新通達の発遣など、今年に入っても
生命保険の税務取扱いをめぐる大きな変化が起きています。

 

近年、生命保険の税務取扱いをめぐる裁判が多くなっている背景には、
納税者(顧客)サイドの意識の変化もありますが、
生命保険の活用方法の多様化があります。

 

 

 

万が一の時の企業防衛や事業承継対策としての法人向け生命保険、
相続時の遺産分割対策・納税資金対策としての生命保険など、
税務上の取扱いを訴求した活用法の多様化も進んでいます。

 

加えて、生命保険の種類も多様化しています。

 

 

 

それに伴い、従来の税務取扱いに対する問題意識が多くなり、
関連法令や取扱通達の改正も行われています。

 

法令や通達で明示されていない実務上の取扱いも交えて
保険税務の最新情報について取り上げます!」

『保険税務』の情報を追いかけ続けてきた『保険税務のプロ』のお話、お楽しみに!

 

 【講師紹介】

 

 榊原正則(さかきばら・まさのり)
    株式会社 新日本保険新聞社  取締役 企画部長
                    「保険税務のすべて」編集長

 

[略歴]
  ・昭和30年生まれ、神戸大学 工学部 卒。
  ・昭和55年1月 株式会社新日本保険新聞社 入社 

           第二編集部(損保版)
  ・昭和58年1月     第一編集部(生保版)
  ・昭和61年1月      同、「保険税務のすべて」編集担当
  ・平成12年1月     第一編集部長
  ・平成15年7月      取締役 企画部長

  生保・JA・共済を対象とする保険専門紙

  「新日本保険新聞(生保版)」の取材・原稿執筆・編集業務を担当。

  また、年度版として毎年発行している「保険税務のすべて」の編集を

  26年間にわたり担当するなど、生命保険関連の書籍の編集・執筆に従事。

[執筆・編集担当図書]
      ● 保険税務のすべて
      ● 相続と生命保険        ほか多数
 

[研修・講演]
  ● 生保機関長・営業職員・代理店対象の研修・講演
  ● TLC会・JAIFAなどの勉強会
  ● 企業経営者向けセミナーなど
    で、保険税務・業界動向・生命保険活用法などをテーマに講演

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最強セミナー240

 

<このセミナーの内容を一部ご紹介すると……>

 

● 平成24年1月の逆ハーフタックスプランの最高裁判決とその影響
● 平成24年4月の法人契約のがん保険の新通達と法人向け生命保険販売
● 相法24条改正、二重課税判決など個人年金保険をめぐる変化とその対応
● 裁決事例に見る個人事業主契約の生命保険の留意点 etc…

※今回のセミナーは『外部講師セミナー』となっております。

 染宮の講演はございませんので、予めご了承くださいませ。

 

 

 

 

第240回最強セミナ―CD販売は終了致しました。