第231回最強セミナー|染宮教育総研株式会社

第231回『生保営業最強セミナー』は……

最強セミナー231

『ドクターマーケット』。
多くの生保営業マンが“ピン!”とアンテナを立てる言葉です。

あなたは、ドクターマーケットに対してどんなイメージをもっていますか?
「安定している」「資産家が多い」「大きな契約に繋がりやすい」……

なんとなく、魅力を感じ、ワクワクしませんか?

確かに、その通りです。

ドクターは『人間の命』を扱う職業なので、
『日本がどんな経済状態にあっても』常に求められ続けるという特徴があります。
健康に勝る財産などありません。

その健康を守るドクターは、人々にとって常に最後の砦なのです。
だからこそ、多くの生保営業マンが『ドクターマーケット』に注目し
ドクターマーケットに参入していくのですが……


ここで、ちょっと耳の痛い話をすると……

私はよく、こんな声を聞きます。
「ドクターマーケットに参入したいけれど、ドクターの税務がわからなくて……」
「ライバルがたくさんいて……」
「法人マーケットでの話法が通用しなくて……」


ドクターマーケットが注目されればされるほど、ドクターマーケットに参入するライバルが増えます。
実力ある営業マンがどんどん押し寄せてきます。


加えて、ドクター(医療法人)は他の法人とは違った独自の税制が適用されています。
ドクターには、企業経営者とは一味違った考え方があります。


『お客様の職業が変われば話法も変わる』。
『魅力的なマーケットはライバルを呼ぶ』。


ドクターマーケットは
やみくもに参入する“だけ”ではダメなんです。


あなたがドクターマーケットに参入したいなら
既に参入していて、今以上の成果をあげたい!と思うなら
必要なのは「この人は違う!」と思ってもらうための戦略が必要です。


戦略とは、言い換えれば
『どんな視点で話をするか』『どんな知識を、どんな形で提供するか』。


語られていない知識、語られていない視点に立つことが
ドクターマーケットで成功するために必要なのです。


じゃあ、どうしたらいいのか?
多くの営業マンが知らない、使いこなしていない視点や話法があるのか?

あります。

それこそが
『税務型』の販売話法です!

ドクターは、ドクター独特の税務、『ドクター税制』ともいえる特徴があります。
また、第五次医療法改正により
ドクターが『今どの状態か』で適用される税制も細分化しています。


しかし、ドクターは自分の仕事で忙しく
普段は税金のことまで構っていられません。


「気にはなるけど、気にしていられない」のです。
ここに、あなたのチャンスがあります。


ドクターは、さまざまな税務の問題を抱えています。
『ドクターに係わる税務の知識』『税の視点から見たドクター用の生保活用』を
正しく理解し、“やさしく・わかりやすく・おもしろく”伝えてくれる営業マンを探しています。


あなたがドクターにお会いし、お話をするとき
税務の知識があるのとないのとでは、雲泥の差が出ます。


ドクターは資産家であることが多く
相続税や退職金、事業承継など『税務』に係わる対策が欠かせません。

『税』の知識から目をそらしたままで、ドクターと深い話はできないのです。

これは決して「ドクターに税務の講義をする」という意味ではありません。
ドクター税制の知識をしっかり取り入れた営業マンと
そうでない営業マンでは同じ話題を扱ったとしても、話の『深み』が違います。

この『深み』こそがあなたの戦略です。
ドクターの心をわしづかみにするためには
知識に裏打ちされた『深み』が欠かせないのです。


ドクターは
自分の仕事に、自分の技術に
人一倍の自信と誇りを持ち、全力投球しています。


だからこそ
「先生は、ご自分のお仕事に集中してください。
 先生の将来の安心は私がしっかり守ります!」
と言ってくれる営業マンを求めているのです。


そこで、第231回『最強セミナー』は
時間を3時間に拡大し、『最強セミナーspecial』として


私が税理士として経験してきた『ドクターの税務』を
ふんだんに取り入れ、あなたがスグ使えるように練り上げた
『税務型』ドクターマーケット講座を開催することにしました!

 

最強セミナー231

 

 

 ■□セミナー内容の一部を紹介すると…□■

  ● ドクターの悩み「医療法人を設立すべきか否か?」
  ●「出資持分」の理解が大事
  ● 医療法人の相続・事業承継対策
  ● 第五次医療法改正のポイントとは
  ● 医療法人の内部留保をどうする
  ● 医療法人の節税ポイントは「分散」にあり
  ● 一人医療法人運営上のチェックリスト
  ● 生保営業のポイントは“ドクター夫人”にあり

  etc…

 

 

 

CD購入