『青山誠と学ぶハイブリッド信託研究会 0期』

 

バレンタインデーSHOCKにより、生保営業マンが営業で力を入れるポイントが変わってきました。

商品に頼るのではなく、コンサルティング能力が問われる時代になったのです。

しかし……
「コンサルティング能力」と言われても雲をつかむようで、
イマイチ何をすればいいのか分からないですよね。

『相続』という大きな範囲では、すでにライバルがたくさんいます。
もっともっと、ピンポイントに絞り込みたい。

でも、絞り込むには

『お客様が求めている』
『今現在、チャレンジしている営業マンが少ない』

ことが必要……

そこで今回、新しいコンセプトの企画を考えました。

テーマは『信託』!
ただし、あなたが今イメージしている信託とはちょっと違います。

何が違うかというと……
『信託する対象』です。

「信託」といえば、まずイメージするのは「不動産」ですよね。

でも、今回は違うんです!

今回、信託で取りあげるのは『株式』

もちろん、上場企業の株式ではなく
「中小企業の株式」(未上場株式)、いわゆる『自社株』です。

そう……
これから経営者が身を乗り出して聞きたがるテーマこそ『株式信託』!

団塊の世代を中心に、事業承継のコンサルティングニーズが高まることは間違いありません。

そこで、今回『株式信託』を徹底的に勉強する講座を開催することにしました。

講師は株式信託のプロである司法書士の青山誠先生。
生保営業マンに株式信託を伝えたい!と自ら立候補してくださいました。

しかも……
今回は、1回で終わる講義ではなく【6回連続】のセミナーです。
1回ごとに講義と討論を6回繰り返して行います。

定員は【10名】と少人数に絞りました。
これは青山先生の意向で「少人数で、じっくり勉強してもらいたい」という考えからです。

  •  1回ではなく6回に分けてじっくり講義が受けられる
  •  講師の青山先生に直接質問ができる
  •  講義を聞くだけでなく討論も行い知識をしっかり落とし込む
  •  講義終了後も懇親会で喧々轟々議論できる
  •  10人限定の少人数制だから真剣に勉強できる
  •  6回の講義で受講生同士、とことん親しくなれる
  •  受講生が全国から集まるので情報交換が魅力

この講座では『株式信託』だけでなく『信託』全般の知識も学ぶことができるので
信託に自信を持つことができますし、もちろん、生保営業にも大いに役に立ちます。

もう一つ、事業承継の重要な流れとして『 M & A 』がありますが、このときも株式信託はひっぱりだこなのです。

まさに『最新』であり『今こそ活躍どき』のテーマ、それが『株式信託』。
ピンときた方は今すぐにお申し込みくださ~い!

   都合がつかない回があってもどうぞご安心ください。
動画とテキストをお送りしますので、追いついていくことができます。
(ただし、ビデオだけの受講はできませんのでご注意ください )